新築の住宅を購入する際には、様々な費用がかかるので事前に確認をしましょう。

地震に強い家の見分け方
地震に強い家の見分け方

住宅購入の費用

新築を購入する時には、手持ちの資金を考えながら、本体価格や諸経費などを計算した大まかな総額の目安、頭金とローンの割合などの目安を考えなければいけません。
住宅ローンを利用して、頭金を用意するのが一般的ですが、病気や怪我をしてしまったり、ボーナスが減ってしまったりすることも考えて無理をしてはいけません。
お金に悩まされてしまったら、快適な住まいとは言えなくなります。
また、税金などの費用があることを覚えておきましょう。
これらの費用は家の建築と同時に現金で支払うことになるので、建築以来予定会社の担当者に、金額の目安を事前に確認しておいて下さい。
また、引っ越し代や新調する家具や家電などにもお金が必要だということも忘れてはいけません。
注意しなければいけないのが土地と本体価格以外にも電気やガスの工事や外構費用などの付帯工事費が必要になるということです。
諸経費については現金での支払いとなるのが一般的なので、手元にその分の資金を残しておかなければいけません。
ちなみに、総費用に占める一般的な割合については、本体価格が70〜80%、付帯工事費が15〜20%引っ越し代などの諸費用が5〜10%なので参考にしてください。
さらにこれに土地代が加算されます。
予算オーバーにならないように、余裕を持った資金計画を立てましょう。
税金や手数料には、消費税だけでなく印紙税、登録免許税、固定資産税、登記手数料、ローン保証料、火災保険料など様々なものがあります。
難しいと思う人はどの程度かかるのか担当者などに事前に確認するようにしましょう。