イメージが固まってきたら、部屋の配置などの間取りについて考えます。

地震に強い家の見分け方
地震に強い家の見分け方

間取りについて

どんな住まいにしたいかイメージが固まれば間取りを考えます。
まずは、空間を大まかなゾーンで分けて考えます。
建てられる家の広さや階数に合わせて、家族が集まる、水回り、寝室などのそれぞれの空間をゾーンに分けます。
それかや部屋の位置を細かくレイアウトします。
その際、朝起きて夜寝るまでの家族の動きをシュミレーションしながら暮らしやすいレイアウトを考えましょう。
学校や仕事に出かけるときの動き、家事動線などをそれぞれが考えてみるといいでしょう。
家族が集まるリビングなどを中心に考え、寝室などのプライベートゾーンは、リビングから音や視線の影響を受けにくい場所に設けるパターンが一般的です。
また、将来、子供が独立して夫婦だけの暮らしになった時のことも想像しておくことをオススメします。
両親や子ども世帯の同居があるかもしれない場合は、間取りの変更がしやすいか、車イスでの生活ができるかなどがポイントになります。
そして、収納スペースも重要なポイントになります。
どこに何をしまうのかを考えながら収納スペースをつくっていきます。
いっぱいしまえるだけではなく、便利な集のスペースかということも重要です。
家具や家電の配置もこの時に一緒に考えておきましょう。
それから、窓やドアの位置と大きさ、種類です。
扉はドアか引き戸か、内開きか外開きかを考えます。
窓は空間に合わせて大きさや形、設置場所を考えます。
外からの視線、防犯、外観デザインのバランス、風の通り道などに配慮するといいでしょう。

オススメワード