省エネ住宅やエコ住宅への関心が高まっており、補助金制度も設けられています。

地震に強い家の見分け方
地震に強い家の見分け方

省エネ住宅とエコ住宅

冷暖房機器による消費エネルギーを減らすなど、省エネルギーについて考えられた住宅の人気が高まっています。
省エネルギーで光熱費を抑えれば経済的な住まいになります。
具体的には、壁や床、天井、屋根に断熱材を使用したり、断熱性と機密性に優れた窓やドアを使用したりするなどして、室内と室外の熱の出入りを可能な限り少なくします。
冷暖房による二酸化炭素の排出量を減らすこともできるので、環境にも優しいエコな住宅ともいえます。
省エネ性能は、次世代省エネルギー基準が定められており、家づくりの目安となっています。
エコ住宅と省エネ住宅は同じ意味で使用されていますが、太陽光などの自然エネルギーを活用したり、自然素材をできるだけ使用したりするなど、エコ住宅はより地球環境に配慮した住まいのことを指すこともあります。
熱の出入りを抑える方法は様々ありますが、広告などで外張り断熱工法や充填断熱などの言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。
他にも熱の出入りが大きい開口部に高い断熱性能を持つ複層ガラス窓や断熱ドアを使用することも高い効果が期待できます。
給湯の熱効率を高めたり、ガスエンジンを発電する際に出る熱でお湯をつくったりする方法で省エネルギーを実現する方法もあります。
国や地方自治体は、省エネ普及の為にこうした住宅に様々な補助金制度を設けています。
例えば、省エネ住宅に必要な設備の設計費用の何割かを補助してくれるなどです。
こうした補助金制度の利用も考慮してみるといいでしょう。