狭小住宅の限られたスペースを最大限に活かす方法は様々あります。

地震に強い家の見分け方
地震に強い家の見分け方

限られた土地の家

約15坪以下の土地に建てられた小さな家は狭少住宅と呼ばれます。
都市部では特に、敷地が狭少なだけでなく、変形地や密集地に家を建てることも少なくありません。
しかし、様々な設計の工夫をすれば、狭い敷地を最大限に活かし、明るく広々とした住まいを実現することが可能です。
狭小住宅の魅力は、土地代を安く抑えることが可能な点にあります。
もちろん土地が狭いと家に制約が多くなりますが、その分さらに土地代が抑えられていることもあります。
限られた予算でマイホームを建てたいという人は検討してみることをオススメします。
狭い敷地を活かす方法として垂直方向への活用、つまりフロアを増やすことです。
3階建てや4階建てにするだけでなく、屋上を利用することでガーデニングを楽しむ趣味の場や子供の遊び場などとして利用することができます。
1階と2階の間に中2階を設けて3層構造にする方法もあります。
床下や屋根裏に収納スペースを設けてもいいでしょう。
他にも、仕切りを少なくしたり、仕切りを透けるような素材を使って広がり感をもたす方法があります。
また、1つの空間に様々な使用方法をもたすこともポイントです。
例えば、LDKのスペースに畳コーナーや造りつけのカウンターを設ける人もいます。
食事の場だけでなく、客間や子供の宿題スペースなどに使用することができます。
さらに、階段を上がったら廊下などは設けず、すぐに居室にすれば広さを確保することが可能です。

オススメワード