ローコスト住宅にして、趣味を楽しんだり、将来に備えたりするのもいいでしょう。

地震に強い家の見分け方
地震に強い家の見分け方

価格を抑える方法

一般的なローコスト住宅は、広さ35坪程度で1000万円台、坪単価で表すと20〜40万円台前半くらいです。
ローコストを実現するンは、部材や設備を大量一括購入したり、設計や施工システムの合理化を図ったり、規格型住宅したりなど様々な工程でコストダウンに努めます。
様々な会社で規格型の住まいが提案されているので、それで十分に納得できるプランやデザインなどがあれば、このような家を選んでもいいでしょう。
住宅にかかる費用を抑えて趣味など暮らしを楽しんだり、子育てなど将来に備えたりすることもできます。
自由に間取りを考えたいけどコストを抑えたい場合は、間取りは家全体を平面図で見た時に凸凹がない四角い間取り、2階建てならば1階と2階が同じ面積の総2階建てが基本です。
凸凹が多いと外壁スペースが増えるので、部材の量も手間も余分にかかります。
設備や部材などは、建築会社が独自ルートで安く仕入れられるメーカーを提案してくれることもあるので、それを活用するといいでしょう。
オープンな間取りにすることで、材料費だけでなく、人件費も抑えることができます。
塗装などは自分たちで行ったり、安い設備を自分たちで調達したりなどすればよりコストを抑えることが可能です。
しかし、安さだけでなく、長持ちするか、メンテナンスは簡単かなどもチェックすることが重要です。
耐用年数やメンテナンスの費用なども確認するようにしましょう。
また、オープンな空間にしすぎると、冷暖房などの光熱費がかさむこともあるので注意しましょう。

オススメワード