坪単価を見れば、会社や商品別に大まかなグレードを図ることが可能です。

地震に強い家の見分け方
地震に強い家の見分け方

グレードを図る

坪単価とは、住まいを建てる時の1坪当たりの建築費のことです。
建物の本体価格を延べ床面積で割って算出されます。
ちなみに、1坪は約3.3です。
坪単価を見れば、会社別や商品別のグレードを大まかに図ることが可能です。
坪単価の計算に、延べ床面積を使用するのが普通ですが、施工床面積を使用するメーカーもあり、どちらを使用するかによって坪単価も変わります。
延べ床面積には、ベランダ、地下室、クローゼットなどの収納スペース、玄関など部屋以外の部分は含まれませんが、施工床面積は全てが含まれます。
そのため、施工床面積のほうが坪単価が安くなります。
また、建物の本体価格は、屋外設備工事費などの別途工事費や税金などの諸経費は含まない価格です。
つまり、坪単価はあくまで最低ラインの価格表示であり、それ以外の費用も必要となります。
坪単価を計算する際の建物の本体価格の基準もメーカーによって異なっています。
本体価格は住める状態ではない建物本体のみの工事費を指していることが一般的ですが、照明器具やカーテン、エアコンなどの設備費などを含めて計算するメーカーもあります。
坪単価が大きく違ってくるので確認を忘れずにしましょう。
長さの単位は、日本では一般的に1単位が約910mmの尺モジュールを採用しているメーカーが多いですが、最近では1単位が1000mmのメーターモジュールを採用する会社も増えているようです。
同じ6畳間と表記されている物件でも、メーターモジュールと尺モジュールでは、約1.2倍もメーターモジュールのほうが広くなります。
つまり、同じ間取りでも延べ床面積が変わってしまいます。
坪単価はあくまでもおおよその目安として考え、不明な点があれば確認するようにしましょう。